...チェンマイでの出来事や個人の想いを綴っています

何か違うぞ

2009/10/23
やっぱ気になる 0
日本へ帰国する飛行機の中で映画をやっていました。
私的には、機上での映画鑑賞は密かな楽しみになっています。

香港から関空の飛行機の中では、
「トランスフォーマー ~リベンジ~」をやっていたのですが、
ちょうど接近していた台風の影響なのか、ラストシーンを残して、
途中で映画が終わってしまいました。
最後のクライマックス、最大の見せ場でプツンという感じです。
息子も同じように歯がゆい思いをしており、
結局最後はどうなったのか、すごく気になっていました。

そこで、チェンマイに戻ってから、
息子にレンタルビデオ店で借りてこさせました。
まだ見たことのない下の息子も楽しみにして、
親子でビデオ鑑賞会が始まりました。
でも、何か違うぞ。
あまりにも単調な上に、機内で見たのとは登場人物も違う。
息子に「これおかしくないか?」と聞いても、
「最初はこんなものだよ!」としばらく見ていました。
でも、いつまでたってもワクワクもしなければ、
ロボットの戦闘シーンもでてきません。
そして決定的瞬間。
車がロボットに変身するが、どうも作りが古くさい。

さすがにこれは変だぞということで、
もう一度、CD盤上のタイ文字になったタイトルを読むと、
「トランスモーファー2」となっています。
なんじゃそりゃ。
結局、1枚目(タイでは映画の場合、CD2枚組)の途中で止め、
返却することになりました。
本物の「トランスフォーマー」は、
来月にならないとショップには入らないそうで、お預けです。

ちなみに、関空から香港への機上では、
「Rookies~卒業~」が日本語でやっていました。
原作のマンガもテレビのドラマも見たことなかったのですが、
ついついストーリーにのめり込んでしまいました。
息子や周りの乗客にさとられないように涙を拭いていました。
機内をもう少し暗くしてくれたら、
周りにはばかることなくこっそり泣けるのですが、
昼間の便だと仕方ないですね。
関連記事
ポーヤス
Author: ポーヤス
若い頃に東南アジアを目指し、カンチャナブリにあるタイの財団で1年半ちょっとボランティア。その後、タイ人連れ合いの実家があるチェンマイに来て20年以上が経ちました。本業は通訳や翻訳、コーディネートをしています。もうとうに50歳を過ぎましたが、健康に気をつけながら、チェンマイでの生活を楽しんでいます。

コメント(0)

There are no comments yet.