...チェンマイでの出来事や個人の想いを綴っています

無事で何より

2009/08/06
通訳とか翻訳 2
7月30日から8月5日まで、通訳で他県へ行っていました。
このグループの通訳をするのは、今回で4年目になります。
日本から5名の中学生、小学生が1名、
バンコク在住の高校生が2名、それに大人が数名でした。
子供たちが多かったので、体調を崩したり、
新型インフルエンザに感染しないかと心配していたのですが、
特に大きな問題もなく、皆さん元気に帰国されました。

毎年来ている子供たちは、小学生の頃からの参加で、
年を重ねる毎に成長して、積極的になってきました。
同じ村でホームステイをするので、友達もできたようです。
1年に1度しか会えませんが、タイの子供たちも楽しみにしています。

ホームステイ先で、大人は毎晩酒盛りで、
村の人達と交流を図っていました。
酔ってくると通訳するのが面倒くさくなってきますが、
そこは適当に脚色して場を持たせます。

一緒に遊んだり、食事をしたり、生活の一部を共にすることで、
言葉、文化も違う人同士が仲良くなれ、
その中で子供たちが成長し、変わっていくのがわかります。
こういう通訳の仕事だと、私自身も楽しく感じ、
終わってからも充実感が残ります。
関連記事
ポーヤス
Author: ポーヤス
若い頃に東南アジアを目指し、カンチャナブリにあるタイの財団で1年半ちょっとボランティア。その後、タイ人連れ合いの実家があるチェンマイに来て20年以上が経ちました。本業は通訳や翻訳、コーディネートをしています。もうとうに50歳を過ぎましたが、健康に気をつけながら、チェンマイでの生活を楽しんでいます。

コメント(2)

There are no comments yet.

ura

たのしいお仕事

とてもやりがいのあるお仕事だったんですね。
きっと、生きがいみたいなものを感じられたでしょうね。
タイ語がそこまでできるなんてほんとうにうらやましいです。
もっとも、努力されてこその結果ですが、ちょっとも身につかない
私には尊敬します、言葉だけではなくです、行動です!!!

2009/08/09 (Sun) 15:26

ポーヤス

Re: たのしいお仕事

交流などの場合は、あまり出しゃばらず、
そばで見守りながら、
それでいてポイントを押さえる、ようにしています。
通訳が訳してしまえば簡単にすむことでも、
本人が苦労して伝えようとする気持ちも
大事にしています。

2009/08/10 (Mon) 09:30