...チェンマイでの出来事や個人の想いを綴っています

散髪

2009/02/17
日常の風景 0
天然パーマの髪の毛が伸びてきて、面倒くさくなってきたので、
いつもの散髪屋さんに行ってきました。
私が行くところは、女性二人でやっているのですが、
美容院ではなく、あくまでも男性用の理髪店です。
姉妹か従兄弟同士かは忘れましたが、
一人の女性は少し日本語が話せます。
どうして話せるのかは、特に聞いていませんが、
日常会話の単語レベルなので、散髪にはあまり関係ありません。
イスに座ると、「いつもと同じように短くしてください。」
これだけ言えば、後は適当に切ってくれるので、楽です。
知らない店で、「どのような髪型にしますか?」と聞かれても
タイ語で上手く答えることができないので、いつも同じ店へ行きます。

散髪だけだと大人で50バーツ、洗髪してもらって後50バーツ。
いつもお金を払う時には、値上がりしてないかと思い、
いくらですかと聞くのですが、ここ数年同じ値段のままです。
洗髪は、お湯が出るようになったのですが、
一応、「水でもいいですか?」と聞かれます。
シャンプーは3回ぐらい、これでもかと指を立てて洗ってくれます。
他にも耳あかとり、マッサージなどもありますが、
私はいつも100バーツ(現レートで280円ぐらい)コースです。
関連記事
ポーヤス
Author: ポーヤス
若い頃に東南アジアを目指し、カンチャナブリにあるタイの財団で1年半ちょっとボランティア。その後、タイ人連れ合いの実家があるチェンマイに来て20年以上が経ちました。本業は通訳や翻訳、コーディネートをしています。もうとうに50歳を過ぎましたが、健康に気をつけながら、チェンマイでの生活を楽しんでいます。

コメント(0)

There are no comments yet.