...チェンマイでの出来事や個人の想いを綴っています

自動販売機

2009/02/12
日常の風景 0
タイでも携帯電話の普及率はかなり高くなっています。
その一つの要因は固定料金のいらない、
プリペイドカード式があるからでしょう。
下は20バーツから上は500バーツまで、
コンビニや雑貨店などでも手軽にカードが購入できます。
何年か前に、このプリペイド式の携帯電話が
犯罪に利用されるのを防ぐために、
所有者の登録という制度がありましたが、
いつの間にか聞かなくなりました。

最近、携帯電話のプリペイドカードの自動販売機を
見かけるようになりました。

Image007.jpg

こんな感じの何の変哲もないちょっと派手な箱です。

Yasu012.jpg

まず、自分が使っている携帯電話の会社(ネットワーク)を選びます。
その次に欲しい分だけお金を入れるのですが、
50バーツなら3バーツの手数料が余分に必要です。
そして自分の電話番号を押してからしばらくすると、
携帯電話の方に何バーツ分追加されましたよ!と
ショートメッセージが届きます。
これは店番がいらないので、お手軽で便利です。

P1060508.jpg

こんなロボット型のも見たことがあります。

私の携帯電話はプリペイドカード式ではないので、
実際に自分でこの自動販売機を操作したことはありませんが、
これだと、20バーツでもOKなので、
ちょっと買い足したりする時に便利です。
銀行のATMの機械でもできると聞いたことがありますが、
こちらの方が、簡単に少額でも買えるところがいいですね。
関連記事
ポーヤス
Author: ポーヤス
若い頃に東南アジアを目指し、カンチャナブリにあるタイの財団で1年半ちょっとボランティア。その後、タイ人連れ合いの実家があるチェンマイに来て20年以上が経ちました。本業は通訳や翻訳、コーディネートをしています。もうとうに50歳を過ぎましたが、健康に気をつけながら、チェンマイでの生活を楽しんでいます。

コメント(0)

There are no comments yet.