...チェンマイでの出来事や個人の想いを綴っています

土地神様

2008/10/25
日常の風景 0
今の家に引っ越して来てから3ヶ月が経ちました。
タイの家には、どこにでも必ず土地の神様を祀った祠があります。
ただ、うちではすぐには買わずに、仮の場所で過ごしてきました。
毎朝、連れ合いは食べ物と水をお供えして、祈ることを欠かしません。
個人の家だけではなく、会社やデパートにも必ず敷地内にあります。

先日、縁起の良い日を見計らって、
その祠を買いに行ってきたのですが、いろいろなタイプがありました。
台座が1本で太いものもあります。

Image1011.jpg

4本足のものもあります。

Image1015.jpg

家も伝統的なタイ様式のものもありました。

Image1014.jpg

タイの代表的な建築様式で、高床式で2棟がくっついています。
結局、うちでは一般的な4本脚の祠を買って帰りました。

お金を払っている時に、店にいた年配の男性に
「どこに置くんだい?」と聞かれてました。
私も妻もある程度の場所は考えていましたが、
いろいろ話しているうちにその男性が風水の先生だとわかり、
あれこれアドバイスをもらいました。
正式に設置するのは31日がいいとか、
北向きにしなさいとか、
少し高い基礎を作ってその上に置きなさいとか、
陽が沈み始める午後はいけないとか、
うちの連れ合いは真剣に聞き入っていました。

買ってきた祠は、まだ駐車場の横に置かれたままで、
縁起の良い31日に正式に設置されることになりました。
これで、家が繁栄してくれればいいのですが。
関連記事
ポーヤス
Author: ポーヤス
若い頃に東南アジアを目指し、カンチャナブリにあるタイの財団で1年半ちょっとボランティア。その後、タイ人連れ合いの実家があるチェンマイに来て20年以上が経ちました。本業は通訳や翻訳、コーディネートをしています。もうとうに50歳を過ぎましたが、健康に気をつけながら、チェンマイでの生活を楽しんでいます。

コメント(0)

There are no comments yet.